iPhone7を予約して在庫確保し発売日に入手するためのサイト

iPhone8を予約して在庫確保し、発売日当日に手に入れよう【Softbank au docomo】

iPhone8の予約で在庫確保し、発売日当日に入手しよう。Softbank,au,docomoの各種オンラインショップで購入することができます。

iPad mini とは

読了までの目安時間:約 2分

iPad miniとは、Apple社が開発・販売を行っているタブレット型のコンピュータ。
iPadの画面が小さいモデルということで2012年11月30日に発売された。
回線はソフトバンクモバイル・auから発表された。

iPad mini (第1世代)

2012年11月にwifi版 wifi+3G版がリリースされた。
iPadよりも一回り小さく、駆動時間は同じ、半分の重さになっており、
持ち運べるiPadとして幅広く受け入れられた。

iPad mini (第2世代)

2013年11月30日に発売され、iPad miniとしては待望のRetinaディスプレイを搭載したモデルとなった。
Apple A7を搭載しているため、A5搭載の初代iPad miniと比較しほぼ倍以上となっている。
Retinaディスプレイの搭載により幅や重さは若干増えている。
またMIMOを搭載しており、電波の受信環境がさらに改善された。

日本でのiPad mini

日本では2012年11月30日に、ソフトバンクモバイルとauからwifi+LTE版が発売された。
もともと800MHZ帯の整備を中心に行ってきたauが、900MHZ帯を獲得したばかりのsoftbankに電波の良さでは
定評があり、auでのユーザーも多い。
ウェブブラウジングには多少小さいが、電子書籍の閲覧では十分であるため、電子手帳の代わりや、普段持ち歩く書籍の代わりにこの一台を購入する人も多い。しかし、米国ではNewsstandにて雑誌を購入する習慣がある一方、電子書籍の販売ルートは日本がまだ限定的で十分普及していないため、個人的に自分が持っている漫画をPDF化(自炊)する人も多く、自炊業者などが流行した。

iPadとは

読了までの目安時間:約 3分

iPadは、アップル社が開発、販売しているタブレット型のコンピューターである。
2010年1月27日に発表され、2010年4月3日に発表された。

アップルが発売したiPodやiPhoneを踏襲していて、マルチタッチやユーザーインターフェイスがほぼ共通している。
画面の大きさから電子書籍などを観ることができる。
一方スマートフォンであるiPhoneとの違い、通話機能がない。

当時様々なアプリケーションで、スマートフォンの可能性を広げていたiPhoneにより、このiPadは、画面がもう少し大きければこんなことができるのに、と思っていたユーザーや開発者たちにとっては待望のタブレットだった。

初代iPad

初代のiPadは、2010年5月7日に発売された。
ソフトバンクが日本でのiPad販売をすることを発表し、Wifi+3G版もWifi版と同時発売となった。
Wifi+3G版については、5月28日に発売開始している。

iPad2

初代に搭載されていなかった前面と背面にカメラを搭載し、FacetimeやSkypeなどのアプリケーションに対応させた。
AppleのA5コアを搭載し、メモリを512MBに倍増させた。
また、バッテリー駆動時間・容量はそのままに軽量化、薄型化を図っており、2013年時点では最もシェアの高いiPadとなっている。

第3世代iPad

2012年3月16日に発売された。
誰もがiPad3というネーミングを期待する中、iPadを再度定義するという意味で「The new iPad」と名付けて話題になった。
1GのメモリとiPadで初めてRetinaディスプレイを搭載し、人気を博した。
このモデル発売から第4世代の発表までわずか半年間と、非常に短いライフタイムだったため、シェアも低い。

第4世代iPad

第3世代iPadの発売からわずか半年後の2012年11月1日に後述するiPad miniと同時期に発表、発売された。
第4世代のiPadも、iPad miniも、Lightningコネクタを搭載している。
中身の違いはコネクタとフロントカメラの性能くらいでほぼ中身は同じものだった。

iPad Air

2013年11月1日に発売されたiPad Air
大幅な薄型化と、低電力化が図られ、同じバッテリー駆動時間10時間を維持しつつも、2/3の重さに抑えた。
以前の「持っていると手がつかれる」などの不満を解消した。

iOSとは

読了までの目安時間:約 6分

iOSは、Apple社が開発するオペレーティングシステム。
iPhone,iPad,iPod touch,iPadmin,Apple TVに搭載されてる。

基本的には、Mac OS Xをタッチパネルの携帯機器用に再開発したもので、マウスで操作するMacとはインターフェースが異なるものの、内部の処理は共通する分が多い。

マルチタッチパネルと、加速度センサの搭載で、従来にはないユーザーインターフェイスで注目された。

実はこのiOS,発売当初はユーザーによるアプリケーションの追加は認められておらず、ただ使うしかなかったが、2008年よりApplestoreでアプリケーションの追加購入ができるようになった。

iPhone3GsのiOS

日本のソフトバンクから発売されたiPhone3Gsには、iOS3.0が搭載されている。
以前のiOS2.xと比較し100以上の機能が搭載された。
主に携帯電話での機能が充足された。MMS(ショートメッセージ)、テザリング機能(日本SIMロック版では利用不可)、Bluetooth、カレンダー、ボイスメモ、などである。

iPhone4のiOS

softbankから発売されたiPhone4にはiOS4.0が搭載された。
Retinaディスプレイに合わせた画面拡大、
カメラ撮影時に画面をタップするとそこにフォーカスが合う、タップフォーカス機能、
利用中のアプリを切り替えることができるマルチタスクの対応、
Bluetoothキーボード対応、
等の機能が追加された。
iOS4.2.1からは、iPhoneからそのままプリントできるAirprint機能、iPhoneの画面や音声を外部端末へ出せるAirplayなどが搭載された。
通信に関するアップデートや、セキュリティの脆弱性の問題を解決するなどで最終4.3.5まで発表された。

iPhone4sのiOS

iPhone4sの発売に合わせ、2011年6月6日にiOS5.0が発表された。
このアップデートでは200以上の新機能が追加された。これほどの新機能が追加されたのはこのバージョンが初めてだった。
このOSはiPhone3Gs,iPhone4もアップデートが可能となったが、実用を考えると若干動作がもたつくなど気になるユーザーもいた。
新機能としては、画面上をスワイプすると出てくる通知センター、iCloudへのバックアップ(この機能により、実質的なPCレス環境でのiPhoneの利用が可能となった。)、音声認識のSiri、日本語変換機能の改善、Airplayミラーリングなどである。
ロック画面からカメラを起動することができるようになったので、けってき的瞬間を収めることができるようになったのは大きい。
iPad版については、4(5)本指でのジェスチャーに対応した。
ピンチするとホーム画面、上下ワイプするとマルチタスクの切替画面、ワイプするとマルチタスク切替、この機能でiPadの操作性が向上した。

操作に不安があるひとでもiPhoneを使えるようになるSiri機能

AppleがiOSに搭載した、音声認識ソフト。
文字入力だけではなく、iPhoneに向かって「○○にメール」「××に電話」「△△駅から□□駅まで」と話しかけるだけで自動的に必要なアプリケーションを立ち上げて操作できるため、ガラケーよりも使いやすいということで、新しく操作を覚えるのに抵抗がある中高齢者にも幅広く受け入れられた。

iPhone5のiOS

softbankとauから発表されたiPhone5には、iOS6が搭載された。
iPhone4sのときにiOSのメジャーバージョンも上がりiOS5となったため、iPhoneの番号とiOSの番号は必ずしも一致するわけではなくなった。
iOS6はiOS5と比較し、200以上の新機能が搭載されるようになった。
twitter連携、facebook統合、
この時実はGoogleとの契約が切れたため、Googlemap,Youtubeのアプリが姿を消した。
特にGoogleMapの廃止と、発展途上である独自のマップの採用はユーザーの不満を買い、GoogleMapのアプリが人気となっていた。
YoutubeについてもGoogleからアプリがリリースされたが、Safariからの視聴が可能となっているため、特にアプリは必要ではない。

iPhone5sのiOS

iOS7は、iPhone5s,5cの発売に合わせて2013年9月18日から提供が開始された。
初期のiOSバージョンからずっと引き継がれてきたデザインを一新し、シンプルでフラットなデザインを採用した。
このバージョンでiPhone3Gs,iPod touch 4thはサポートから外れる。
機能として注目すべきは、コントロールセンターである。
今まで通信の切り替えや様々な操作を一度に行うためには、脱獄し、専用のアプリを使う必要があったが、このコントロールセンターの登場により、懐中電灯、wifiやBluetooth,3Gデータ通信のon/offなどが容易になった。
また、iOS端末同士でデータ交換ができるAirDropが採用された。
手動ダウンロードだったAppの更新も、自動でできるようになった。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー