iPhone7を予約して在庫確保し発売日に入手するためのサイト

iPhoneJAPAN|iPhone7の予約するためのサイト【Softbank au docomo】

iPhone7の予約で在庫確保し、発売日当日に入手しよう。Softbank,au,docomoの各種オンラインショップで購入することができます。

iPad mini とは

読了までの目安時間:約 2分
8147561280_f53496b1f7_n

iPad miniとは、Apple社が開発・販売を行っているタブレット型のコンピュータ。
iPadの画面が小さいモデルということで2012年11月30日に発売された。
回線はソフトバンクモバイル・auから発表された。

iPad mini (第1世代)

2012年11月にwifi版 wifi+3G版がリリースされた。
iPadよりも一回り小さく、駆動時間は同じ、半分の重さになっており、
持ち運べるiPadとして幅広く受け入れられた。

iPad mini (第2世代)

2013年11月30日に発売され、iPad miniとしては待望のRetinaディスプレイを搭載したモデルとなった。
Apple A7を搭載しているため、A5搭載の初代iPad miniと比較しほぼ倍以上となっている。
Retinaディスプレイの搭載により幅や重さは若干増えている。
またMIMOを搭載しており、電波の受信環境がさらに改善された。

日本でのiPad mini

日本では2012年11月30日に、ソフトバンクモバイルとauからwifi+LTE版が発売された。
もともと800MHZ帯の整備を中心に行ってきたauが、900MHZ帯を獲得したばかりのsoftbankに電波の良さでは
定評があり、auでのユーザーも多い。
ウェブブラウジングには多少小さいが、電子書籍の閲覧では十分であるため、電子手帳の代わりや、普段持ち歩く書籍の代わりにこの一台を購入する人も多い。しかし、米国ではNewsstandにて雑誌を購入する習慣がある一方、電子書籍の販売ルートは日本がまだ限定的で十分普及していないため、個人的に自分が持っている漫画をPDF化(自炊)する人も多く、自炊業者などが流行した。

iPadとは

読了までの目安時間:約 3分
5171518129_c0726de339_n

iPadは、アップル社が開発、販売しているタブレット型のコンピューターである。
2010年1月27日に発表され、2010年4月3日に発表された。

アップルが発売したiPodやiPhoneを踏襲していて、マルチタッチやユーザーインターフェイスがほぼ共通している。
画面の大きさから電子書籍などを観ることができる。
一方スマートフォンであるiPhoneとの違い、通話機能がない。

当時様々なアプリケーションで、スマートフォンの可能性を広げていたiPhoneにより、このiPadは、画面がもう少し大きければこんなことができるのに、と思っていたユーザーや開発者たちにとっては待望のタブレットだった。

初代iPad

初代のiPadは、2010年5月7日に発売された。
ソフトバンクが日本でのiPad販売をすることを発表し、Wifi+3G版もWifi版と同時発売となった。
Wifi+3G版については、5月28日に発売開始している。

iPad2

初代に搭載されていなかった前面と背面にカメラを搭載し、FacetimeやSkypeなどのアプリケーションに対応させた。
AppleのA5コアを搭載し、メモリを512MBに倍増させた。
また、バッテリー駆動時間・容量はそのままに軽量化、薄型化を図っており、2013年時点では最もシェアの高いiPadとなっている。

第3世代iPad

2012年3月16日に発売された。
誰もがiPad3というネーミングを期待する中、iPadを再度定義するという意味で「The new iPad」と名付けて話題になった。
1GのメモリとiPadで初めてRetinaディスプレイを搭載し、人気を博した。
このモデル発売から第4世代の発表までわずか半年間と、非常に短いライフタイムだったため、シェアも低い。

第4世代iPad

第3世代iPadの発売からわずか半年後の2012年11月1日に後述するiPad miniと同時期に発表、発売された。
第4世代のiPadも、iPad miniも、Lightningコネクタを搭載している。
中身の違いはコネクタとフロントカメラの性能くらいでほぼ中身は同じものだった。

iPad Air

2013年11月1日に発売されたiPad Air
大幅な薄型化と、低電力化が図られ、同じバッテリー駆動時間10時間を維持しつつも、2/3の重さに抑えた。
以前の「持っていると手がつかれる」などの不満を解消した。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー