ついに来るか!?Apple純正ワイヤレス充電マット「AirPower」と「新型iPods」

どうもこんにちは、ちっぷすです。

イギリスの国際金融グループバークレイズが、Apple新製品について発売予測を発表しました。

iPhoneは毎年大きな資金が動くので、金融企業にiPhone専属アナリストがいたりしますw

今回もそういった人達の予測ですね。

2017年のイベントで発表された専用のワイヤレス充電マットAirPowerの発売と、そろそろ発表されるかと噂されていた新型AirPodsです。

待ちに待ったAirPower

発表から1年経ちました。iPhoneXSにあわせて発売にするのが一番よく売れるので、このように予想しているんだと思います。

もういい加減出るだろうwっていう雰囲気も多少感じておりますw。

機能としては目新しいものはなく、Apple純正の無線充電器と言うことでになります。

気になるのは充電速度ですね。無線充電器は色んなメーカーから出ていて激戦区です。

純正品より高速充電出来る製品があったりしますから。

実機を用いたレビューをみたいです。

 

新型AirPods

現行AirPodsは、未だに売れるに売れまくってます。

レビュー数もスゴイし、価格も全く下がらない。

Bluetoothの規格としてはAACコーデックということで、高音質低遅延という面ではAptX LLなどの製品に劣ってます。

しかも結構高い。

にも関わらず売れまくっているのは、iPhoneとの相性の良さと利便性ですね。

そのAirPodsが発売2年経ってようやく新製品が出ます。

詳細は未発表ですが今のところ分かっているのは、充電ケースが無線充電に対応している画像です。

新型AirPodsは高音質・低遅延なの?

現行AirPodsは、接続こそ便利ですが、音の遅延や音質については、気になる人は気になってしまいます。

これはAirPodsとiPhoneのBluetooth接続に、AACという少し古い規格を使っているためです。

Android機種ではハイレゾに対応したAptx LLなどを搭載していて、Aptx LLに対応したBluetoothイヤホンを買えば、

高音質、超低遅延で、FPSゲームにも十分対応します。というか有線より高速だったりしますw

一方でiPhoneは、aptXに対応していません。

良い企画があるのになんで対応しないのって思いますよね?

ちっぷすもそう思います。

理由の一つは、しょーもない規格争い。

AndroidといえばAptX、iPhoneといえばAACみたいな感じになってます。

イヤホンジャックとか、無線充電とかは共通で合意するまでになったんだし、

Appleもそろそろいいかげん低遅延高音質の規格の開発は諦めて、AptxLLに対応してほしいものです。

この規格が厄介で、間違ったBluetoothイヤホンを選んでしまって、

遅延あり、低音質のSBCで接続されちゃって

いいや使ったんだけどなんか音質悪いんだよなーって思ってしまっている人が多数いたりとかwかわいそうですw

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

error: コンテンツは保護されています。