iOS12にアップデート!昔のiPhoneが速くなるのは本当か?

どうもこんにちは!ちっぷすです。

iPhoneXSの本申込が無事SMSに届いて発売日到着確定!ワクワクしてきました。

それはさておき、iOS12が公開となりました。みなさんアップグレードしてみましたか?

iOS12は、旧型のiPhoneの速度を向上させてくれている(はず)

iOS12は新機能もいくつかありますが、注目度が高いのが旧型の速度向上。

今までiOSはあっ部グレードの度に高性能になるのは良いものの、

快適に操作するためにはスペックもそれなりに必要になるため、

旧型のiPhoneはどんどん使いづらくなってしまう傾向がありました。

それがiPhoneを新型に乗り換えるように促しているAppleの戦略だと批判の対象にもなっていました。

しかしAppleは「できるだけiPhoneを長く使って欲しい」とiPhoneXSの発表会でプレゼンしています。

その象徴とも言えるのが今回のiOS12。

新機能とは別で、旧型のiPhoneのパフォーマンスを向上させたと言うではありませんか。

それが本当かどうか、実機を2台ずつ準備し比較してくれていた動画があったので紹介したいと思います。

英語が分かる方は動画を見て頂ければ分かると思いますが、

サッと確認したい人達のために図と文字で説明します。

旧型iPhoneでiOS12とiOS11の速度を比較している動画

私が大ファンのEverythingAppleProさんが、対応するiPhone機種全てで速度比較をしていました。

iOS12に対応しているiPhoneは、iPhone5S, iPhone SE, iPhone6, iPhone6Plus,

iPhone6S, iPhone6S Plus, iPhone7, iPhone7Plus, iPhone8, iPhone8Plus,

iPhoneX, iPhoneXS, iPhoneXSMaxとなります。

 

iOS12とiOS11で旧型のiPhone起動速度は速くなったのか。

全てを並べて同時に起動しました。

それぞれのiPhoneで、左がiOS12、右がiOS11です。

まずは起動速度です。

iPhone5S, iPhone6, iPhonSE, iPhone6S

全ての機種で起動速度はiOS12の方が速くなっていました。

特にiPhone6が数秒も差が付いており、iOS12が起動処理を最適化してくれているのが分かります。

続けて、iPhone7, iPhone8, iPhoneXでそれぞれiOS12とiOS11の起動速度を比較しました。

すると、先ほどの旧モデルとは違う結果となりました。

iPhone8はほぼ同じで、iPhone7とiPhoneXは、iOS11の方が若干速く起動しました。

EverythingAppleProさんはほぼ同じといっています。人によっては同じと思うかもしれませんね。

起動以外に速くなったといえるものはなさそう。

他にも標準アプリ、コントロールセンター、キーボードなど、新旧比較しています。

しかし、起動時間以外でiOS12のほうが明らかに速いものはありませんでした。

これまでは、手動で比較しました。でもこれだけで本当に起動以外は速くなってないの?って話になりますので、

iOS12とiOS11でベンチマークを使って比較してみました。

ベンチマークはiPhone5S以外は数%スコアが良くなった

 

ベンチマークの結果を表にすると

iPhone5S iOS12 iOS11
Single-Core 1277 1293
Multi-Core 2181 2225
iPhone6 iOS12 iOS11
Single-Core 1593 1557
Multi-Core 2743 2689
iPhoneSE iOS12 iOS11
Single-Core 2573 2541
Multi-Core 4514 4449
iPhone6S iOS12 iOS11
Single-Core 2579 2545
Multi-Core 4530 4429
iPhone7 iOS12 iOS11
Single-Core 3562 3521
Multi-Core 6080 5974
iPhone8 iOS12 iOS11
Single-Core 4230 4265
Multi-Core 10428 10231
iPhoneX iOS12 iOS11
Single-Core 4274 4176
Multi-Core 10635 9350

ほとんどの端末でiOS12の方が1-3%スコアが良くなっていました。

iPhone5Sだけはマルチコアもシングルコアも両方スコアが下がっています。iPhone8のシングルコアだけ下がっているという結果になりました。

グラフィック性能は、iPhoneSEだけ15%以上アップ。他はスコアダウンする機種もあった。

グラフィックスコアはCPUとは違う結果になりました。

機種名 iOS12 iOS11
iPhone5S 68198 68514
iPhone6 76264 76968
iPhoneSE 153415 129720
iPhone6S 123026 122050
iPhone7 168377 170933
iPhone8 160055 186181
iPhoneX 149664 142560

iPhone5S,iPhone6,iPhone7,iPhone8はスコアダウンし、iPhoneSE, iPhone6S,iPhoneXはスコアアップしました。

iPhoneSEだけが15%以上アップしています。

逆にiPhone7やiPhone8に至っては数%ダウンしていました。

iPhone7, iPhone8のユーザーで、ゲームを中心に使っているならばOSアップデートはちょっと待った方が良いかもしれません。

結論:起動は速くなったが、アプリケーションのパフォーマンスはほぼ同じ。

この結果から、iOS11からiOS12にアップデートすることで、旧型iPhoneの起動時間が速くなることが分かりました。

しかし、それ以外のアプリについてはさほど違いはなく、操作感もほぼ同じといえるでしょう。

ベンチマークの結果から、気持ち速くなったことを体感できるかもしれません。

ゲームを良くやる人ならば、むしろもたつくことが増えるかもしれません。

iOS12からの新機能もいくつかあるので、それを踏まえてアップデートしてみてくださいね。

私はもう既にアップデートしましたよ!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

error: コンテンツは保護されています。