iPhone XS, iPhone XS Maxに不具合発覚。画面オフ時にLightningケーブルで充電出来ない報告多数

どうもこんにちは!ちっぷすです。

iPhone XS, iPhoneXS Maxに不具合が発覚?

iPhoneXSやiPhoneXS Maxで、スリープ状態のままLightningケーブルを挿したとき充電されないという不具合が報告されました。

2018/10/9更新
iOS12.0.1でこちらのバグが解決されました。

Appleサポートに同じような質問が相次ぎ、騒がれていたところ、YouTuberのUnbox Thearpyさんが検証してくれました。

iPhone XS、iPhone XS Maxを複数台用意し、動作確認を実施した動画(英語、8分)

1台のiPhoneXと、4台のiPhoneXS, 4台のiPhoneXS Max合計9台でテストしました。

検証には、標準付属の5W USBチャージャーと、USB-Lightningケーブルを利用。
サードパーティ製品が原因になっている可能性を排除。

iPhone XS, iPhone XS Maxで不具合が発生


結果はiPhone XS は4台中2台が、iPhone XS Maxは4台中3台が充電が開始されませんでした。
充電開始されなかった端末は、タップや持つなどのアクションを取れば充電開始されますが、
一部のiPhone XS Maxは、フリーズをしてしまい、タップや電源ボタンを押しても反応しませんでした。

今回の不具合は、スリープ状態のままLightningケーブルを挿した場合にのみ起きる現象です。
スリープ解除した状態でケーブルを挿せば問題なく充電できます。
ワイヤレスチャージは何の問題もなく充電することができます。

しかし実際使いながら、充電しているつもりがされていなくてバッテリー切れを起こしてしまう可能性があるのでなんとも深刻な問題です。

今回の検証では、これがソフトウェアの問題なのかハードウェアの問題なのかを確認することができませんでした。

今後iOSのアップデートで修正されるのを祈ることばかりです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

error: コンテンツは保護されています。