iPhoneXSのバッテリー実測テスト。iPhoneXより持たないのは間違い。

どうもこんにちは、ちっぷすです。

iPhoneXSが iPhoneXよりもバッテリーが持たないという記事が目立ちますが、

tom’s guideテストはあくまで、ウェブサーフィンしかしていません。

iPhoneでゲームをしたり動画を撮影したり、YouTubeを見てみたり、高負荷な処理を連続して実施するテストをしたところ、Androidより勝る結果となりました。

なので、iPhoneXSがiPhoneXよりもバッテリーが持たないなんてことはないと思います。

iPhoneXSがiPhoneXよりバッテリーが持たないという記事。

tom’s guideより。

https://www.tomsguide.com/us/iphone-xs-iphone-xs-max-battery-life,review-5773.html

明るさを固定したウェブ閲覧による試験

tom’s guideは、様々なスマートフォンのレビューを行うサイト。

こちらのサイトで設定した環境下でスマートフォンのバッテリー寿命を計測しました。

ディスプレイの明るさを150nitに固定。Auto-BrightnessはOFF、True ToneもOFFにします。T-Mobileネットワークを利用し、T-Mobile 4G LTE CellSpotという規格で受信しながら、ネットサーフィンを行いました。

 

結果、iPhoneXS, iPhoneXS Maxは、競合のAndroidスマートフォンよりもバッテリー寿命が短いことが分かりました。14時間を越えるHuawei P20 Pro、12時間を越えるGoogle Pixel 2 XL、

11時間を越えるSamsung Galaxy Note9と OnePlus6とくらべ、 大容量モデルのiPhoneXS Maxさえ及びません。

iPhoneXSは今回の計測では平均以下となりました。

過去同環境下でテストしたiPhoneXは、10時間49分だったので、

iPhoneXSはiPhoneXよりもバッテリー寿命が短くなっていることが分かりました。

その原因として、Android端末よりiPhoneのバッテリー両々が少なく、

iPhoneXSになりバッテリー容量がさらに小さくなったことが指摘されていました。

iPhoneXSはiPhoneXよりバッテリー容量が小さい

iFixitの分解結果で、iPhoneXSの容量は2,659mAhで、iPhoneXの2,719mAhよりも小さくなっています。これは他のAndroidスマートフォンよりも小さいです。

iPhoneXS Maxのバッテリー容量は3,179mAhですが、Androidスマートフォンのフラグシップモデルの大半が3,500mAh~4,000mAhであることを考えると、少なめであると言えます。

この記事の結果を受け、

・ただでさえ保たないバッテリー容量を犠牲にして、いったい何を優先したのか聞いてみたいと思うわな

・iphonexからxsに買い替える人、流石に今回は少なさそう

・まだA12に合わせたiOS12の最適化が図られてないからでしょう。同じバッテリーでもCPUの電力効率自体は改善できると思うので、今後のアップデートで良くなることを期待してます。

・充電ホリックとしては、嬉しくない記事だなぁ

・ XもXSも本体サイズは変わらないのに、なぜバッテリーサイズを小さくしないといけないのか?

・これくらいだったら許容範囲とは思ったけど、たしかにライバル機種には勝ててないからなぁ

(参考:はちま寄稿)

などと、iPhoneXSに関する不満が噴出してきました。

ところが別のメディアがテストを実施他結果、全く逆の結果となっていました。

続きを読む
1 / 3

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

error: コンテンツは保護されています。