iPhoneXS XRにオススメのワイヤレス充電器は?見るポイントは?

どうもこんにちは!ちっぷすです!
最近また寒くなってきましたね。

iPhoneXS iPhoneXRにオススメなワイヤレス充電器をチョイスしました!

 

ワイヤレス給電規格「Qi」(チー)に対応していること!

チーと読みます。なんでこの名前にしたw

ワイヤレス給電の国際標準規格です。ワイヤレス給電をしたい場合は「Qi対応」と記載されている製品であることが大前提

Qiの規格もいろいろありますが、今発売されているのはほとんどV1.2の最新バージョンなのでさほど気にしなくて良いでしょう。

ワイヤレス充電はQuickChargeがオススメ

QuickCharge対応機器がオススメです!

ちょっと知識のある人はあれ?って思うかもしれません。なんでかって、iPhoneはQuickCharge非対応だからです。

iPhoneはQuickCharge非対応

「QuickCharge対応」の充電器がありますが、iPhoneはそもそもQuickChargeに対応していません。

(但し、有線で充電する場合のみ)

なんでかっていうと、政治的な背景ですねw

まずQuickChargeの規格は国際規格でも何でもなくてAndroidにCPUなどのチップを供給している米企業Qualcommが勝手に作った規格です。ロゴでも企業を主張しすぎwww

でもQualcommはAndroidへ多数のチップを供給しているところから、まぁいいでしょうって感じで普及しました。

Windowsと抱き合わせてIEが普及したようなもんですね。

で、このQuickCharge規格に対して批判もあります。

Googleは、USBの高速充電規格「USB Power Delivery(USB PD)」の互換性が失われるからヤメロって言ってるし、

AppleはAndroidにチップを供給しているQualcommはキライだから当然対応なんてしません。iPhoneXSから、唯一残っていたLTEチップをQualcommからintelに乗り換えて、脱Qualcommが完了しましたからね。

てことで、iPhoneXS iPhoneXRは QuickCharge3.0に対応していません。

むしろiPhoneをQuickChargeポートに挿したら遅くなります。

今のUSB急速充電器は、端末に合わせて容量を決めて充電してくれるものがおおいです。AnkerのIQとかがそうですね。

しかしQuick Chargeは、規格外の端末が接続されると最低速度で給電するようになっています。

なので、iPhoneをQuick Charge対応ポートに挿すと、急速どころか、むしろ遅くなる場合もあります。

QuickCharge対応かつIQにも対応している場合なら問題ないです。

ワイヤレス充電器だと実はQuickCharge対応機器の方が速い

しかし、これがワイヤレス充電器になると話が変わります。

充電器がQuickChargeに対応していれば、iPhoneでも急速充電ができるようになるんです。

Qi 急速 ワイヤレス充電器 NANAMI Quick Charge 3.0にした。

ということで、今回は、Amazonでも一番人気のNANAMI製のQiワイヤレス充電器セットにしました。

QuickCharge3.0アダプタ付きを購入した理由

アダプタなしのモデルが一番売れています。

手持ちのアダプタがQuickCharge3.0対応で出力の高いものだったら問題ないのですが、

例えばiPhoneに標準付属しているUSB電源は、5V 1.0Aの 5Wのものです。

これだと、ワイヤレス充電器に供給するのが5Wで、実際iPhoneを充電しようとするとケーブルで接続するよりも充電時間がかかってしまいます。

また、5ポート以上で5W 2.0A出力まで対応している製品も数多くあります。

これらの製品も、出力が十分ではありません。

なので今回はQuickCharge3.0対応電源付きのモデルを購入しました。

何もないモデルと500円差なので、500円でQuickCharge3.0のアダプタが買えるなら良いかなと思いました。

 

NANAMI Qi急速ワイヤレス充電器セット 「QC 3.0アダプター付属」

今回購入したのはこちら

NANAMI Qi急速ワイヤレス充電器セット 「QC 3.0アダプター付属」 2コイル Quick Charge 3.0 ワイヤレスチャージャー

実際に、アダプタでどれくらいの出力が出ているのかを見てみました!

iPhone付属 5W USB電源アダプタ

5.07V x 0.84A = 4.25Wでした。

5Wも出ていません。

iPad用 10W(5V 2.0A) USB電源アダプタ

5.0V x 1.3A = 6.5W でした。5W以上は出ています。

Ankerの5ポート USB電源アダプタ(IQ対応)

IQ対応で最大出力 5V 2Aです。

こちらは 5.2V x 1.23A = 6.39W

iPad用アダプタよりも出力は出ています。

セットQuickCharge3.0アダプタ

QuickCharge3.0アダプタは、9Vで作動します。

9.04 x 0.77A = 6.96W

QuickCharge3.0は2.6A, 4.6A出るはずなんですが、1A未満なのはなんででしょうかね。

計測した中では一番出力がありました。

今回比較した中では一番早く充電出来るということですね。

 

ワイヤレス充電で毎回ケーブルを抜き差ししたりすることがなくなって嬉しいですね!

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

error: コンテンツは保護されています。