iPhoneXS,XRはリーク情報どおり?答え合わせするよ!

【公式】iPhoneXS,XRの予約はオンラインで確実に!


どうも、おはようございます。徹夜明けのちっぷすです。

新製品発表会について情報を色々整理していて眠れませんw

あ、楽しいから良いんですけどね。みなさんが起きた頃にはある程度記事をまとめて読みやすくしておけたらそれでいいかなと思いましてもうひとふんばりです。

RedBullとLiptonのクリームブリュレミルクティー飲んだので大丈夫です。

今回は、リーク情報通りだったこと、噂に過ぎなかったことなどをまとめてみたいと思います!

リーク情報を精査しているこのiPhoneJapanの信頼も関わってくるので、ここはしっかりと白黒つけたいところ。

1.『知ってた』~リーク情報通りだったこと~

発表されたiPhoneのモデルが3種類だったこと。

6.5型OLED、5.6型OLED、6.1型液晶の3モデルが出ると噂されていましたが、その通りでした。

フレーム素材も、OLEDモデルがステンレススチール、液晶がアルミニウム。これも正解です。

OLEモデルはシルバー、スペースグレイ、ゴールド

AppleSpecialEventの発表があってからGoldが確定的になりました。

これどう見ても金でしょ。しかも、金推しでしょ。って感じですw

同梱品からLightningイヤホン変換アダプタが消える。AirPowerは同梱されない

予算の関係で、Lightningイヤホンジャック変換アダプタが同梱されないだろうと噂されてきましたがその通りでした。

AppleWatch4が発表される

AppleWatch4の発表はリーク通りでした。が、発表されると言うことと画面が大きくなる。心電図が追加されるということだけです。加速度センサーの機能向上で落下を検知できるようにしたり、FDA認可でAppleWatchが医療機器として認められたことは驚きですね。

 

2.『ギリ知ってた』直前まで不透明だったこと

新型iPhoneの正式名称

今回は揺らぎましたね~。

6.1型液晶モデルは「iPhone9」から始まり、iPhoneXS Liteだの、iPhoneXCだのいわれて、直前にiPhoneXrが入ってきて、答えはiPhoneXR(Rが大文字)

5.8型OLEDモデルは、iPhoneXIとiPhone11で割れていたところにiPhoneXを再定義するんだ!って言う人もいれば、iPhoneXsって話が出てきて、答えはiPhoneXS(Sは大文字)

6.5型OLEDモデルは、iPhoneX再定義の流れから、iPhoneXPlusというのが濃厚だったけれど、iPhoneXsが出てきてからiPhoneXsPlusに。直前にiPhoneXsMax。このネーミングにみんな驚きながらも答えはiPhoneXSMax。Plusよりは大きいし、もうこれ以上大きくしないよってことでMAXだそうです。

これより大きくなったらiPad miniだしね。そうだよね。

1週間前からリークメディアが皆口を揃えて言うようになったアタリから信憑性が増してきましたね。

イベント当日にAppleの公式サイトがメンテナンスする際に漏れたXMLファイルで確定となりました。

3.『まじか!』意外だったこと。

iPhoneXRは、廉価版なんかじゃなかった

iPhone5sにiPhone5Cがあったように、廉価版としてiPhoneXRがラインナップされると話されてきました。

しかし、フタを空けてみると同じA12チップ搭載、アルミニウム筐体、FaceID対応など、ほぼiPhoneXSと欠損ない性能です。ディスプレイも特殊な液晶ディスプレイにすることでベゼルレスを実現しておりますし、これを廉価版とは到底言えません。

ナイスプレーです!

iPhoneXRの豊かなカラーバリエーション

iPhoneXRが3色以上のカラーバリエーションになると言われていました。

Appleの公式サイトのXMLから、カラーバリエーションの名前は漏れていましたが、実際の色合いまではリークされなかったので意外だったことに。

もう少し落ち着いた色を想像していましたが、ビビッドに仕上がっています。PRODUCT REDは、iPhone7, iPhone8では半年後に発売されてきましたが、今回は新製品と同時発売になっています。

4.『違うじゃん!』残念だったこと

トリプルレンズなし。

HuaweiP20PROからはじまったトリプルレンズ。

今回iPhoneXSMaxに搭載されるのではないかと噂されましたが、デュアルレンズに落ち着きました。

ただ、デュアルレンズの性能を上げ、得意の独自チップで画像処理性能を上げているので、写真は綺麗に撮れるようになったと思います。

写真画質向上のためにHuaweiはレンズを増やしたのに対し、Appleはデュアルのまま画像処理で画質向上を図っています。この2機種の写真の撮り比べレビューを見てみたいところですね。

iPhoneSE2は出なかった

手のひらに収まるサイズとして定評のあるiPhoneSE。iPhone5から受け継ぐこの筐体のまま新型高性能のiPhoneSE2が出るのではないかと噂されていましたが、発表無しです。さすがに4機種同時進行は無理でしたね。てか、それがiPhoneXRの位置づけですからね。

もうiPhoneSEサイズのモデルは出なくなってしまうのでしょうか・・

AirPods2, AirPowerの発売、発表ナシ

AirPodsは2016年にiPhone7と同時期に発売してから2年経ちます。

売れ続けているので人気はあるのかなとは思いますが、無線充電対応や音質向上したAirPods2が欲しかったです。

AirPowerはWWDCで発表して以来音沙汰ナシ。まぁサードパーティ製品の方が性能良かったりするのでそっちを買いましょう。どうせ別売だし。

Lightningケーブルが USB-Cにならなかった

新型のMacBook、MacBookProは全てUSB-Cで統一されています。

今回のiPhoneもアクセサリがUSB-Cにあわせてくるという噂もあったのですが・・・

通常のUSBでした。

MacBookでiPhoneを充電するには、USB変換アダプタが必須になります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

かなり初期段階からわかっていたこと、直前まで揺れていたこと、当日まで全く知らなかったこと。

それぞれあって楽しかったんじゃないでしょうかね?

年々リークの精度が上がってきてリーク情報と発表イベントの内容が同じじゃんって言う声もありますが、

それだけリークされたとしても、当日のサプライズが何かしらあることもすごいことだと思います。

Appleの防御力がw

サプライズあってこそのAppleの9月なので、これからもヒミツを守り通して当日驚かせて欲しいですね!

全く情報漏れなかったらiPhoneJAPAN成り立たなくなっちゃいますけども・・・

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

error: コンテンツは保護されています。